健気の意味とは

健気の読み方

けなげ

健気の意味

健気とは、「特に女性や子供などの力の弱いものが、困難にしっかりとした態度で立ち向かうこと」です。

「健気な人」というように、人柄を表すときに使うことが多いです。

たとえば、貧乏な家庭で育った少女が、困難な環境でも笑顔を絶やさずに一生懸命暮らしている場合などに「健気」という表現が使われます。

もともと力の強い人に対しては用いず、あくまでも力の弱い人が頑張る姿を現す言葉です。

語源・由来

健気の語源は、「異なり気・殊なり気(どちらも『けなりげ』と読みます)」という古語です。

これは、「普通とは違っている」という意味で使われた言葉です。

昔は「違う」を「優れている」という意味で使うことも多かったため、異なり気は「普通とは違って優れているさま」を表すようになったんですね。

異なり気が略されて今の「けなげ」という言葉に変わっていったとされています。

健気な女性はモテるって本当?

好きな女性のタイプに「健気な人」をあげる男性は現代でも多いようです。

でも、彼のために健気な女性になろうとしても、具体的にどうすればいいのかよくわからないですよね。

それではここで、どんな人が健気と呼ばれているのかチェックしてみましょう。

いわゆる「シンデレラ」みたいな人!

まま母や姉たちの意地悪にくじけず、優しい心を持ち続け、一生懸命働くシンデレラ。

男性たちが求めている健気さはまさにそのようなものであると言えます。

とはいえ、いきなりシンデレラになるのは難しいので、まずは「不平不満や愚痴を言わないこと」や「自分ができることを一生懸命やってみる」ところから始めていきましょう。

こういったことの積み重ねでいつかあなたもシンデレラのような健気な女性になれるはずです。

また、その時に《見返りを求めないこと》がポイントです。

「これだけやってあげたのだから何かお返しをしてほしい」と思い始めたらどんなに頑張っても、健気さからは遠ざかっていくばかりですよ。

使い方(用例)

健気な女性の代表、シンデレラ。

・夫と喧嘩していた時に、夫婦の似顔絵を描いて持ってきた子供の健気さに泣いてしまった。

・俺の稼ぎが少なくても気丈に振る舞ってくれる、妻の健気なところが好きなんだ。

・どんな意地悪をされても笑顔で働く彼女は健気だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク