過渡期の意味とは

過渡期の読み方

かとき

過渡期の意味

過渡期とは「古いものが新しいものへと移り変わる時期のこと」です。

入学や卒業、社会人になって会社に入ったり転職したり……生きていると私たちには様々な転機がありますよね。

そのように、今までいた場所から新しい場所へと生活環境が変わるタイミングのことを過渡期と言います。

特に変化が激しいときに使われることが多い言葉です。

人生の過渡期は苦しいことやつらいことが多い時期だとよく言われますが、人生の成長と飛躍のためには非常に大切なポイントともされています。

もし今、あなたの周りで過渡期にある人がいたら、乗り越えられるように見守って応援してあげましょう。

歴史や社会でも使います!

個人的な人生のターニングポイントだけに使われる言葉ではなく、歴史や社会の変化にも使われます。

その場合は「変革期」や「移行期」と捉えるとわかりやすいでしょう。

今の日本は政治もあらゆる社会制度もさまざまな過渡期にあると言えると思います。

何かと世知辛い現代ですが、どうにかこの過渡期を乗り越えてより良い新しい社会が築かれることを願うばかりですね。

使い方(用例)

受験は過渡期だ。

・つらいことが多いけど、人生の過渡期だと思って踏ん張ろう。

・あのアイドルたちの解散は、アイドル界の大きな過渡期を表していた。

・息子が少年から青年への過渡期を迎えて葛藤しているので見守ってやりたい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク