カラコンの意味とは

カラコンの意味

カラコンとは、「瞳の色を変えるファッション目的のコンタクトレンズ」のことです。

カラーコンタクトの略です。

10代から20代の若い女の子たちのファッションアイテムとして、もはや欠かせない存在となりましたね。

もともとはギャルがするものと認識されていましたが、最近は人気モデルや女優がプロデュースしたものなども多く、ギャルでなくても使っている女の子が多いです。

カラコンというと一時期は目の怪我や病気が起こりやすいとして問題になりましたが、2009年から薬機法によって普通のコンタクトと同じように扱われるようになり、安全性は昔のものよりもずっと高まっています。

カラコンの使用が一般的になったのはこのような理由もあるでしょう。

ちなみに、1990年代カラコンと言えば「カラオケ・コンパ」の略でしたが、今は完全に死語ですね。

カラコンの歴史

カラコンはもともと、事故や病気などで虹彩という黒目の部分が欠損してしまったり、角膜が白くなってしまった人のために作られたものでした。

しかし、欧米でカラコンがファッションとして使われ始めると日本でも若い人を中心に使用されるようになりました。

日本でカラコンが流行りだしたのは1990年代のギャル時代だったと言われています。

当時歌手の浜崎あゆみさんなど、ギャルのカリスマ的存在がカラコンをしていたことで急速に若い女の子たちに広まっていきました。

しかし、当時カラコンは「雑貨」として取り扱われており、またカラコンのケアの仕方までは広まらずに、目の事故や病気がとても流行ってしまったのです。

今は絶対安全なんでしょ?

先に述べたように、現在は法によってカラコンの安全性は守られています。

とはいえ、いくら規制が厳しくなったからと言って絶対に安全というわけではありません。

自分の目に合わないものをつけたり、日本では未承認の海外製のものをつけたりすると、トラブルが発生する可能性は大いにあります。

カラコンをしたいときは眼科に行って診断をしてもらってからにしましょう。

使い方(用例)

カラコンは若い子たちにとって必需品。

・今日カラコン入れ忘れたから盛れない~。

・人気モデルがプロデュースしたカラコンがかわいい!

・アイドルが演出で青いカラコン入れてるの良いと思う。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク