慣用読みの意味とは

慣用読みの読み方

かんようよみ

慣用読みの意味

慣用読みとは、「本来は正式な読み方ではないが、一般に浸透して定着してしまった読み方」のことです。

辞書を引くと、自分がいつも言っている読み方とは違うものが見出しになっていて、横に小さく「〇〇は慣用読み」と書いてあることがありませんか?

慣用読みは、もともと誰かの言い間違いです。

漢字の読み間違えだったり、人が話していた言葉を間違えて記憶して使っていたり、そういった間違いが今に至ってしまったものです。

よくある慣用読み

私たちが普段使っている言葉にも、慣用読みはたくさんあります。

たとえば、「輸入」。ほとんどの人が「ゆにゅう」と呼んでいると思いますがそれは慣用読みで、正しいものは「しゅにゅう」です。

他にも、「依存」「雰囲気」「見参」など、例を挙げるときりがありません。

ちなみにこれらの正しい読みは「いそん(いぞん)」「ふんいき(ふいんき)」「げんざん(けんざん)」(カッコ内が慣用読み)です。

正しく読めていましたか?

そこまで厳しく取り締まらなくてもいいもの

特に年配の方の中には慣用読みに厳しい人もいて、「違うぞ」と怒られてしまった……という経験をする可能性もあります。

しかし、もともと誤用だったといえど慣用読みは国語辞典にも載るような「それはそれであり」の読み方ですから、間違いではないのです。

もし怒られてもそんなに気にせず、正しい読み方も知られてラッキーだったくらいに思いましょう。

それにわざわざ正しい読みをしても、相手が慣用読みしか知らなかったら会話がスムーズに進みませんよね。

相手との会話がしやすい言葉を選ぶことも会話力の一つですから、正しい読みでがちがちに固める必要もないと思います。

使い方(用例)

いつもの会話にも慣用読みはたくさん潜んでいる!

・文章を書く仕事をしている人にはあまり慣用読みは使ってほしくないですね。

・本当の言い方を知ったうえで慣用読みも使っているので厳しく攻め立てないでほしい……。

・「ねつぞう」って言ったら「本当はでつぞうだぞ」って慣用読み指摘されてドヤ顔された。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク