感銘とは

読み方

かんめい

感銘の意味

感銘とは、

忘れられないほどに深く感動すること。心に深く刻みつけて忘れないこと。

という意味です。

「銘」という漢字には、名を刻むという意味の他に、

そもそも、心にきざみこむ。忘れないようにする。という意味があります。

「~に感銘を受ける」「~に感銘を受けました」のように、

「受ける」という言葉をつけて使うことが多いです。

感動との違い

似た言葉に「感動」があります。

ほどんど同じ意味の類語ですが、若干意味合いに違いがあります。

感動は、あることを深く感じて、心が動かされることをいいます。

対して感銘は、心に刻みつけて忘れられないほど、深く感じ入ったときに使います。

感動はどちらかというと一時的な感情を表すのに対し、感銘は長期的に心に残るほど感じ入ったことを表しています。

こう書くと感動と感銘の使い分けが難しく感じますが、単純に「感動のさらに上位版」というニュアンスで感銘を用いれば何ら問題ありません。

使い方(用例)

感銘を受けるビジネスマン

・職人としての心構えに強く感銘を受ける。

・先生より感銘深いお言葉を頂戴しました。

・たくさんの励ましのお手紙に感銘しました。

・何事にも一生懸命に取り組む我が子から感銘を与えられた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク