壁ドンの意味とは

壁ドンの意味

壁ドンとは、

  1. アパートなどで隣の部屋がうるさいときに壁を殴って抗議する行為のこと
  2. 男性が女性を壁際に追い詰めて、手を壁につく行為のこと

です。

憧れの恋愛シチュエーションとして挙げられることが多い行為ですね。

2008年頃から女子中高生が使いだし、2014年に山﨑賢人さん主演の恋愛映画「L・DK」でそのシーンがあったことで世間的に広まった言葉です。

その年には他の映画やドラマでも壁ドンシーンが多用され、ユーキャン新語・流行語大賞のトップテン入りも果たしました。

一般的には、壁際に追い詰められて顔が接近するまで、あるいは耳元で愛をささやかれるまでが壁ドンだとされています。

されてみたい女性が多いようですが、「暴行罪に当たる」などの批判的な意見もあり、実際に逮捕者も出ているので、もし壁ドンしてみたい男性は気を付けてください。

ネットでは全然違う!

壁ドンという言葉自体は、2008年よりもっと前からネット上で使われています。

もともとは2ちゃんねるなどの大型掲示板で使われた言葉で、「深夜の騒音など、隣の部屋に迷惑しているときに抗議の意思を表すために壁を叩く行為」を指していました。

「壁殴り」や「イラ壁」と呼ばれることもあります。

とくに古いアパートなどの壁が薄い部屋で起こるトラブルですが、抗議した壁ドンが原因でさらなる問題を引き起こす可能性もあり、あまり効果的な手段とは言えないようです。

また、これとは別の意味で「主に男性アニメファンが、アニメの恋愛シーンに嫉妬して壁を叩く行為」のことを指す場合もあります。

使い方(用例)

このタイプの壁ドンが大流行しました。

・深夜まで騒いでてうるさいから隣の部屋に壁ドンした。

・福士蒼汰くんに壁ドンされたい~。

壁ドンあこがれるけど、実際されたらたぶん怖くて相手殴るわ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク