純粋の意味とは

純粋の意味

純粋とは、「物質的に何も混じっていないこと」

「よこしまな気持ちや下心がなく、気持ちにけがれがないこと」

「ただひたすら、一途に一つの事に打ち込むこと」です。

一般的によく使う言葉ですが実は大きく分けて3つの意味があり、それぞれ対象が違うのが特徴です。

  • 一つ目の意味は、物が対象。
  • 二つ目の意味は、人が対象。
  • 三つ目の意味は、行動や気持ちが対象。

例えば、「純粋な水」は何も混じっていないただの水のこと、「純粋な人」は素直で裏表のない人のこと、「純粋に好き」はただひたすらにそれが好きという意味になります。

また応用や実験などはせず、理論だけを追求する学問の方法を指すこともあります。

純粋な人ってどんな人?

あなたの周りにも「純粋な人」と言われている人が一人はいると思いますが、実際どんな人が純粋な人なのか線引きは難しいですよね。

一般的には、人を疑わない人や言葉の裏を読まない人、感情が豊かな人などを指します。

また子供のように一つの事に夢中になるのも純粋な人の特徴です。

しかし純粋さゆえに人に騙されて詐欺にあってしまったり、利用されたりしてしまうことも少なくありません。

もしあなたの周りに純粋な人がいるのであれば、見守ってあげましょう。

”エセ純粋”に気を付けて!

素直でピュアな一面がかわいらしいことから、異性にモテやすい性格でもあるため、中には純粋を演じている人がいる可能性もあります。

そういう人は、言葉や態度で純粋な人のようにふるまいますが、心の中は計算しまくりでとても純粋とは言えないことがほとんどです。

純粋な人と付き合いたいと思っている人は、その純粋さが演技ではないかどうかもしっかりチェックしてみましょう。

使い方(用例)

赤ちゃんはとても純粋な存在だ。

・子供のころは18金が純粋な金だと思っていた。

・最近知り合った子が純粋でかわいくて、付き合いたいんだよね。

・今日の試合は結果はいいから、純粋に頑張ってほしい。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク