インサイトの意味とは

インサイトの意味とは

インサイトとは、「消費者が物を買いたくなる時の心の動きのこと」です。

最近マーケティングの世界でよく使われるようになった言葉です。

車の名前にも使われていますよね。

もっとわかりやすく言うと「物を買う人の本音」で、消費者の生活環境やどんな時にものを買うのかなどを分析することで見つかる〈購買意欲の核心〉とされています。

時として消費者も意識していない様な心の核心を見抜くこともあり、今マーケティングでは非常に重要視されているものです。

どうして重要なの?

例えばあなたが新しい化粧品を買うとき、なぜをそれを買うことにしたのか具体的に説明できますか?

おそらく、できる人は少ないと思います。

物を買う場合だけでなく、私たちはたいてい欲求や行動する理由を具体的に把握できていません。

そのため、先に述べたような「本人さえ気づかない本音(核心)」が、物を売る側にとって重要な価値になる場合があります。

また、最近は消費者のものに対するこだわりが強くなってきたため、ただ売るだけでは売れなくなってきています。

消費者のものの選び方が変わったのなら、売る側も売り方を変えないといけませんよね。

そのため、消費者の動機や本音を分析したり、消費者の生活環境を理解する必要が出てきたのです。

使い方(用例)

消費者インサイトを知ることで商品がより売れるようになる。

・消費者のインサイトを正しく理解することが商品をヒットさせるコツだ。

・奇抜なアイディアでもインサイトにのっとってもらわないと起用は難しい。

インサイトをより活用するためにSNSを調査する試みを開始した。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク