遺憾の意味とは

遺憾の読み方

いかん

遺憾の意味

遺憾とは「期待通りにいかず、残念な気持ち」のことです。

「遺憾に思う」「遺憾の意」と使われることが多いです。

「このような事態になったことは非常に遺憾に思っており……」などと、よく政府や企業の不祥事に対する謝罪会見で耳にしますね。

これは、残念な気持ちだと伝えるだけでなく、遠回しに問題を起こした相手を非難したり批判したりすることもできる言葉です。

言葉自体が難しく、日常的にあまり使う機会のない言葉でもあることから「怒っている」や「謝罪している」という意味に勘違いされることも多いですが、そのような意味はありません。

また、「実力を遺憾なく発揮する」というように、「申し分ないほど、十二分に」という意味で使われることもあります。

遺憾は「お役所言葉」

皆さん、「お役所言葉」というものをご存知でしょうか。

「整備文」や「霞が関ことば」と言われたりもする言葉で、政治家の話し言葉やお役所からもらう書類に代表されるような、おかたくて難しい言葉のことです。

実は遺憾もこのお役所言葉の一つなのです。

なぜこのようにわかりにくい言葉をわざわざ選んで使うのか明確な理由はわかりませんが、「公文書や政治家はおかたくあるべきだ」という考えが働いているのではないかと言われています。

謝罪会見ならよくわからない言葉ではなくわかりやすい言葉で謝ってほしい……とぼやきたくなってしまいますよね。

使い方(用例)

遺憾の意を態度に出す女性

・隣国の挑発行為は極めて遺憾に思います。

・このような不正が起きたことは大変遺憾で、許しがたいことです。

・今回のコンサートでも彼の身体能力の高さは遺憾なく発揮された。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク