一事が万事[いちじがばんじ]の意味

読み方

いちじがばんじ

一事が万事の意味

一事が万事とは、

一つのことから他のすべてのことが推測できるとこ。

また、一つの小さなことにみられる傾向が、他のすべてのことにも現れるということ。

良い意味、悪い意味どちらにも当てはまることわざですが、

通常は、よくない例を見て、ほかも同様に悪いはず、と推測するときに使うことが多く、

あまりよい事柄には使われません。

使い方(用例)

一事が万事いたずらをする子供

・一事が万事、親戚の子供たちは毎年こんな調子で、みんなに迷惑をかけている。

・先輩は部屋がとても汚いが、一事が万事、すべでのことが整理できていない。

類語

・一事を以て万端を知る

・一を以て万を知る

意味ナビmemo

「全てにあてはまる」という意味だけで使うのは正しくありません。

※誤用例「彼は本当にいろいろなスポーツが大好きで、一事が万事、サッカーだけでなくテニスやアメフトのルールまで完璧に理解している」

あくまで、一つの事柄を見て、他のすべてのことを推測できるときに使うのが正しい使い方です。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク