一期一会[いちごいちえ]の意味

一期一会の意味

一期一会とは、

一生に一度の出会いのこと。

人と人との出会いの大切さのたとえです。

また、人と人が出会うのは、一生に一度の機会で二度と会えないかもしれないので、

出会いを大切にし相手に誠意を尽くすべきだ、という戒めの意味もあります。

語源・由来

茶会は毎回一生に一度であるという、茶道の心得から生まれた言葉です。

安土桃山時代の茶人、千利休が残した言葉と言われています。

一説には、千利休の弟子である山上宗二(やまのうえ・そうじ)が最初に残した言葉という見方もあります。

ちなみに「一期」は仏教語で、生まれてから死ぬまでの「一生」という意味です。

使い方(用例)

一期一会

・一期一会の出会いを大切にしていこう。

・私の座右の銘は一期一会です。

・前職は苦しい日々が長年続いたが、毎日が一期一会だった。

意味ナビmemo

一期一会を英語にする場合、いろいろな訳し方がありますが、

Meeting only once in a lifetime. 「一生に一度の出会い」

が簡潔で分かりやすいですね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク