はんなりとは

はんなりの意味

はんなりとは、「華やかで、上品さと気品も兼ね備えている様子」のこと。

ほかにも「粋で知的」や「明るく、鮮やか」という意味で使われることもあり、結構広い意味を含んだ京ことばです。

呉服文化の進んでいる京都らしく、もともとは着物の色合いなどに関する表現でしたが、今は人や食べ物にも使われています。

お土産屋さんとかでもよく見かけますよね。

言葉の響きから、よく「ほんのり」や「かすかに」という意味と思われがちですが、はき違えないように注意しましょう。

どちらかというと、はっきりしているイメージです。

はんなりには「ウラ」がない!

京ことばには、ウラに嫌味を込めている言葉が多いですが、はんなりはとてもストレートな褒め言葉です。

もし京都に行って「はんなりしてるね」と言われたら、素直に喜んでいいみたいですよ。

とはいえ、京ことばはちょっと勉強しないと痛い目を見ることがあるかもしれないですね…。

語源・由来

はんなりには、「華あり」が転じた説と、「華なり」が転じた説がありますが、前者が有力のようです。

よく華やかで美しい人を「華がある」と表現しますよね。

由来が「華」だと気づくと、華やかさや上品さのイメージがしやすいと思います。

使い方(用例)

はんなりとした色の着物を着た舞妓さん

・はんなりした味の和菓子がおすすめのお店がある。

・はんなりした色の着物を着ている人がいた。

・はんなりした人ですね。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク