具現化の意味とは

具現化の読み方

ぐげんか

具現化の意味

具現化とは、「思い描いていることを、具体的に形にすること」です。

ビジネスや自己啓発の本でよく使われる言葉ですね。

たとえば、「こんなものが欲しい」というアイディアを実際に形にして商品として売ったり、商品以外にも「子供を育てやすい街にしたい」という理想をかなえるために駅前保育園や公園などサービスを充実させることも具現化といいます。

具現化は、今まで誰かの頭の中にしかなかったものを実現させることとも言えるでしょう。

似た言葉(類語)

具体化

具現化と似た言葉で、「具体化」があります。

具体化とは「曖昧なことをまとめて具体的にすること」です。

たとえば、「今度遊園地に行こう」という曖昧な約束を実行するために、日程を決めるなど具体的な計画を立ててはっきりさせていくことです。

具現化が「ない」状態から作られていくのに対し、具体化は「もともとあったけど手を付けていなかったこと」を具体的に作り上げていくようなイメージです。

具象化

もう一つ似ている言葉で「具象化」という言葉があります。

具象化とは、「物事を具体的な形で表現すること」です。

美術の分野で使われることが多く、風景や人物などを見えるとおりに書いたものを「具象絵画」と言います。

意外かもしれませんが、あのピカソも具象絵画を描いていたんですよ。

使い方(用例)

イメージを具現化する少年

・あの店は客のアイディアを具現化する試みをしていることで有名だ。

・このドレスは花嫁さんのイメージを具現化したものです。

具現化するために大切なことは行動力だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク