五臓六腑の意味とは

五臓六腑の読み方

ごぞうろっぷ

五臓六腑の意味

五臓六腑とは、

  1. 体内・腹の中
  2. 中国医学で、人間の内臓全体を表すときに用いられた言葉

のことです。

伝統中国医学(東洋医学とも言います)における考え方で、現代医学とは異なった概念です。

「肝」や「肺」など、私たちの体内にある内臓と同じ名前のものですが、必ずしもその臓器自体を指しているわけではありません。

五臓六腑について書かれた最古の文書は中国の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」と言われています。

五臓

五臓とは、〈肝・心・脾・肺・腎〉のことで「精・気・血」を備蓄するという機能の総称です。

精とは「成長や生殖の源で、気の原料になるもの」、気とは「生命活動に必要なエネルギーのこと」、血は現代医学と同じく「体の隅々まで栄養をいきわたらせるためのもの」です。

  • 肝……魂を蔵し、判断力や計画性などの精神活動を支配する。
  • 心……神を蔵し、五臓六腑を統括し、思考や記憶などの精神活動の支配をする。
  • 脾……営を蔵し、消化・吸収を行う
  • 肺……気・呼吸をつかさどる。
  • 腎……精や成長、発育などをつかさどる。

というような役割をそれぞれが持っています。

また、これに「心包」を加えて六臓とする場合もあります。

六腑

六腑とは、〈胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦〉のことで、臓とは違い、「精・気・血」を動かす働きをする機能の総称です。

  • 胆……決断や勇気をつかさどる。
  • 小腸……食べたものを消化し、水分と固形に分ける。「受盛の官」と呼ばれる。
  • 胃……五臓の「脾」とともに消化吸収を行う。
  • 大腸……飲食物の伝化をつかさどる。
  • 膀胱……貯尿・排尿作用を行う。「州都の官」と呼ばれる。
  • 三焦……体温調節などを行う。

「五臓六腑」を使った言葉

有名なものでは「五臓六腑に染みわたる」があります。

何年か前にお味噌汁のCMでキャッチコピーのように使われていましたよね。

これは、「食べたものがおなかの底まで染み通る」という意味です。

また「五臓六腑が煮えくり返る」というものもあり、これは「はらわたが煮えくり返る」と同じ意味で非常に怒っている様を表した言葉です。

使い方(用例)

健康な五臓六腑

・どんなに体を鍛えていても五臓六腑だけは鍛えられない。

・朝一番のお味噌汁は五臓六腑に染み渡るな。

・別れた元カレが私の悪口を言いふらしているらしく五臓六腑が煮えくり返る思いだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク