ギャップの意味とは

ギャップの意味

ギャップとは、「人と人との意見の食い違いのこと」「隙間や溝のこと」です。

「ギャップが~…」と簡単に使ってしまえるがゆえにはっきりした意味を忘れがちな言葉ですよね。

とはいえアパレルショップの「GAP」をはじめ、「ジェネレーションギャップ」や「ギャップ萌え」、最近は「中1ギャップ」という言葉も出てきていて、私たちは日々たくさんのギャップの中で生きているといっても過言ではありません。

上に書いたどの言葉も、他人と自分の考えや環境などの「ずれ」や「食い違い」のことを指す言葉です。

ジェネレーションギャップ

ジェネレーションギャップとは、世代による考え方のずれのことです。

実は、アパレルショップの「GAP」という名前は創業者が友達とジェネレーションギャップについて語っていた時に思いついた名前なんですよ。

たとえば、ジーパンのことをデニムと呼ぶ若い世代に、ジーパンという言葉自体が伝わらない、ということです。

このように言葉そのものが通じない場合がとても多いのがジェネレーションギャップの特徴といえるでしょう。

ギャップ萌え

アニメや恋愛では「ギャップ萌え」という言葉もよく耳にします。

これは、近寄りがたい雰囲気とは裏腹に親しみやすい一面が見えたときなどに萌えることです。

「ツンデレ」はギャップ萌えでよく例に挙げられます。

ほかにも、「不良が野良猫をかわいがっている姿」や「眼鏡をはずすと美人」などギャップ萌えにはさまざまな種類があります。

使い方(用例)

ネコなのに元気いっぱいというギャップに萌える

・聞いていた内容とのギャップが激しい

・不愛想な子が二人になったとたん甘えてきてギャップ萌え止まらん

・カセットテープが伝わらなくてジェネレーションギャップ感じる…

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク