フロリダの意味とは

フロリダの意味

フロリダとは、「お風呂に入るから(メッセージのやり取りなどから)離脱する」という意味の言葉です。

とくに女子高生がLINEやツイッターなどのSNSでよく使う言葉です。

「風呂」に入るから「離脱(りだつ)」するを略して「フロリダ」となり、アメリカの州になにか特別な思い入れがあるわけではありません。

「フロリダ」と言うだけでももちろん伝わりますが「フロリダしてくる」や「フロリダる」という言い方もします。

また、お風呂から上がったことを「フロリダから帰国」と書き込む場合もあります。

お風呂に入りたいというのは話し中には結構切り出しづらかったりしますが、「フロリダ」と一言打つだけならなんとなく言いやすい気もしますね。

LINEが原因で流行ってる?

最近は「了解」を「り」と言ったり「それマジ?」を「そマ?」と言うなど、とにかく短くすることが特に若者言葉では流行っていると感じます。

言葉をできる限り短くする理由は、若者たちの会話スタイルとラインの普及がかかわっているようです。

若者たちにとって会話は何よりもリズムが大切で、やりとりが速ければ速いほどトークは盛り上がります。

ラインは自分のメッセージも相手のメッセージも同じ画面上に表示されるため、便利でテンポよく会話を続けることができますよね。

よりテンポを速くするためには打つ文字数は少ないほうがいいですから、最低限伝わる範囲で言葉を削っているのでしょう。

使い方(用例)

フロリダのフロは風呂のこと。

フロリダしてる間に大好きなバンドの活動休止発表されたんだけど何事?

・盛り上がってるとこ悪いけどちょっとフロリダってくるわ。

・さてお米が炊き上がるまでちょっとフロリダるかな。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク