エキゾチックの意味とは

エキゾチックの意味

エキゾチックとは、「異国情緒にあふれているさま」のことです。

日本では東南アジアや中東の人や景色に対して使うことが多い言葉ですが、あくまでもイメージなので人によって捉え方は様々です。

エキゾチックには「ミステリアスで非日常的な雰囲気」というニュアンスが含まれているため、テレビなどで見慣れているアメリカやヨーロッパに対しては使われることがあまりありません。

個人的なイメージですが、ディズニー映画の「アラジン」は結構エキゾチックな雰囲気満点だと思います。

劇中のカラフルなフルーツや工芸品が売られているマーケットや、ターバンを巻いていたり民族衣装を身にまとっている人たちはとてもエキゾチックですよ。

エキゾチックジャパン!

エキゾチックといえば、郷ひろみさんの「二億四千万の瞳」が浮かぶ人も少なくないと思います。

「エキゾチック・ジャパン」と叫ぶのが印象的ですよね。

この曲はもともと、「日本国有鉄道(通称国鉄。現在のJRのことです。)」が行っていた「エキゾチック・ジャパン」というキャンペーンのキャンペーンソングでした。

当時はバブルになりかけのころで、海外旅行の人気が高まっていた時代です。

そんななかで日本も結構エキゾチックで面白いから、国内旅行をしてその面白さを体感してほしい、というメッセージが「エキゾチック・ジャパン」という言葉にこめられていたのだそうです。

使い方(用例)

エキゾチックな雰囲気の女性

・ジャスミンは濃厚でエキゾチックな甘い香りが魅力的な花だ。

・長谷川潤みたいな目鼻立ちのはっきりしたエキゾチックな顔が好き。

エキゾチックでおしゃれなインテリアを集めたカフェが人気だ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク