エモいの意味とは

エモいの意味

エモいとは、

  1. 感情が高まった様子、またそのきっかけとなった物事
  2. 音楽の表現方法で、確立された1ジャンル
  3. 「エ」ロくてキ「モい」の略

です。

 「何だかエモい気分~」

twitterでよく見かけるつぶやき。

「エモい」は流行ワードのひとつです。

2016年には、”三省堂・辞書編集者が選ぶ新語”で堂々の2位に選ばれたこの言葉。

感情を表す言葉として登場した当時(2000年代前半と言われる)は「寂しい気持ち」を主に表していました。

しかし近年流行し過ぎた結果、言葉の意味がぐんと広がり、正確にそのニュアンスをとらえることが難しくなってしまいました。

  • 感動した時
  • キュンと切なくなった時
  • もの悲しくなった時
  • ノスタルジーを感じた時
  • 感傷に浸っている時
  • 言葉で言い表せない時
  • 「ヤバイ」「すごい」

人がエモさを感じる場面はこのように本当に様々ですが……

総じて〈感情に強く訴えられた様子〉と考えられます。

エモいの語源・由来

エモいの語源は、英語の[emotion](エモーション)です。

emotionは「感情」「情緒」という意味を持っています。

エモーションを略した「エモ」に「い」をつけて形容詞のような意味をとったのが、エモいです。

※関連語のエモーショナル(形容詞)を語源とする説もあります。

エモいの歴史

「エモい」という言葉の歴史を、古い方から順に追ってゆきましょう。

意外にも音楽の1ジャンルから、「エモ」という言葉は始まりました。

はじめは音楽の「EMO」から

EMO(エモ、英語では「イーモウ」)というジャンルは、80年代ハードコアパンクブームをきっかけに生まれました。その特徴はメロディーの美しい曲調に感情的な詞を組み合わせること。ロックの一種で、正式名称は「エモーショナル・ハードコア」です。

現在「エモい」と言われる音楽は、この「EMO」から派生したもの。

〈感動的/抒情的〉な音楽――これが現代の「エモい」音楽の定義で、日本でも盛り上がりを見せています。

ONE OK ROCK、MY CHEMICAL ROMANCEなどが”エモい”曲を作るアーティストと言われています。

エロくてキモイ

今の若者はこの意味を知らないとは思いますが、エモいはもともと「エ」ロくてキ「モい」という意味を持っています。

現代のエモいに通じるところは無いので、まったく別の言葉と理解して下さい。

ただ、いわゆるおじさん世代が「エモい」と聞いたらこちらを連想するそうなので使う場所には注意しましょう。

現代のエモい

エモいの意味は、ここ十数年の間にも大きく変わりました。

最初は「寂しい」

最初はシンプルに、なんとなく「寂しい」「悲しい」という意味でギャルの間で使われ始めました。

ここ数年で意味がどんどん広がる

しかし、ここ数年で意味がどんどん広がり、今では収拾のつかない事態に。

冒頭で紹介したように、ひとつの言葉では語り切れないような〈感情に強く訴えられた様子〉を表すようになりました。

「エモい!」と単体で使ったときは「ああ!(すごい)」という感嘆詞のような意味を持つことも。

その意味はもう、文脈で判断するしかありません。

使い方(用例)

日暮れエモい

・「ワンオク(ONE OK ROCK)の世界って、とにかくエモいよね。ライヴ震えた~」

・「秋の夕暮れって何かエモいのな。詩とか書きたくなる。」

・アンガールズ・田中の芸風はいつ見てもエモくて鳥肌が立つ。(古い用法)

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク