脱帽[だつぼう]の意味とは

読み方

だつぼう

脱帽の意味

脱帽とは、

・敬意を表して、帽子(ぼうし)をぬぐこと。

・相手に敬意を示したり、感服すること。

実際に帽子を脱ぐときに使う場合と、

脱帽したいほど、敬ったり感服した時の表現として使う場合があります。

また、運動会などで国歌を歌う際に「脱帽!」と命令の言葉として言うこともあります。

例として、「君の圧倒的な努力には脱帽したよ」といった使い方をする場合、

敬意を示したり感服しつつも、「降参」「参った」「恐れ入りました」

などのニュアンスも込めて用いる場合が多いです。

使い方(用例)

脱帽するサンタクロース

・営業成績トップでクレームも0件とはただただ脱帽。

・ランナーを一人も出さない彼のピッチングには脱帽した。

・業務を行う部屋に入ったら脱帽しなさい。

・おじいさんはゆっくりと脱帽すると静かに語り始めた。

・国旗掲揚の際は脱帽するように。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク