クリエイティブの意味とは

クリエイティブの意味

クリエイティブとは、「新しいものを発想すること」です。

「創造性」や「独創性」と言われることもあります。

もともとはミュージシャンやデザイナーなど、芸術にかかわる仕事で重要とされてきたものですが、最近は営業職やプログラマーにも求められるようになってきています。

「クリエイティブな仕事をしたい」という若者も多いようですが、現代は言葉の意味が非常に広くなっており、定義づけるのがなかなか難しいところがあります。

しかし、しいて言うならば《人や社会に良い影響を与えられる新しいものをつくること》がクリエイティブの一番大切な部分なのではないでしょうか。

クリエイティブになるには?

クリエイティブになるために一番大切なのはたくさんの知識を持つことだと言われています。

〈自分の中にある知識を磨くこと〉も大事ですが、〈今まで知らなかった分野について調べること〉がより重要になってきます。

本当にクリエイティブになりたい人は自分の好きなことだけをするのではなく、いろいろなことを勉強したり体験することが必要です。

クリエイティブな人たちと話すと面白いと感じる人が多いと思います。

それは彼らがたくさんの知識を持っていて、それをしっかり自分のものにしているからでしょう。

なぜ「クリエイティブな仕事」がしたいの?

先に述べたように「クリエイティブなことがしたい」人は特に若い層で増えています。

おそらく『自分の好きなものを作れる』というところに惹かれていたり、中には特定の会社に所属せずに働く「フリーランス」のイメージも混同して、その「自由さ」にあこがれる人もいることでしょう。

確かにクリエイティブな仕事は「『今までのこと』にとらわれずに創作する」ことが大前提で、曲や絵画や小説など作品をつくったり、新しいサービスをつくることも含まれます。

しかし、これらがクリエイティブだと認められるのは【今までにないものか】というところが大変重要になってきます。

表向きはスマートでかっこいい「クリエイティブな仕事」も、裏では一般的な企業と同じかそれ以上に「新しさ」を求める熱さが必要です。

使い方(用例)

クリエイティブな仕事も楽じゃない。

・サカナクションは未来的でクリエイティブな楽曲が魅力だ。

・人気のデザイナーがクリエイティブについて言及した記事が話題を呼んでいる。

クリエイティブにこだわる就活生は楽して働きたいだけの可能性がある。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク