嘲笑の意味とは

嘲笑の読み方

嘲笑は、「ちょうしょう」と読みます。

嘲笑とは

嘲笑とは、「人を馬鹿にして笑うこと」「人を見下した笑い」です。

 苦笑い・高笑い・含み笑い・照れ笑い・思い出し笑い……

笑いには様々な種類があります。

「嘲笑」は日常会話で登場することはあまりありませんが、文学の中では古くから好んで使われる表現です。

「せせら笑う」・「冷笑」などが類義語といえます。

「嘲笑する」と「嘲笑う」の使い分け

「嘲笑」は《名詞》にあたる漢語ですが、多くは「嘲笑する」という形で《動詞》のように使われます。

「嘲笑する」は、日本古来の言葉で《動詞》の「嘲笑う(あざわらう)」とほぼ同義です。

同じ意味を持つふたつの言葉ですが、どのように使い分けたらいいでしょう。

大声で笑う時

『大鏡』という平安時代の有名な書物に、次の一文があります。

「翁(おきな)二人、見かはしてあざわらふ。

 【訳】老人二人は、顔を見合わせ大声で笑う。

このように「嘲笑う」は〈大声で笑う〉という意味で使われることもあります。

一方、多くの辞書では「嘲笑(ちょうしょう)」の方にこの意味を持たせていません。

笑われた時ーー「あざわらわれる」は正しいか

「馬鹿にしたように笑われる」ことを表現したい時は、どうしたらよいのでしょうか。「笑われる」と同じように、「嘲笑われる(あざわらわれる)」と表現してもいいのでしょうか。

結論を言うと、OKです。

嘲笑う《動詞》+ れる《受け身の意味をもつ助動詞》という構造になります。

でも、何だか舌を噛んでしまいそう……ちょっぴりスマートじゃないですよね!

こういう時は「嘲笑」の方を選んであげてください。

「嘲笑される」と表現すれば、すっきりして読みやすく、意味も伝わりやすいです。

使い方(用例)

・今、すれ違った人に嘲笑されたように感じた。私の気のせいだろうか……うん、きっと気のせいだ。

・ただ単に「目標に向かって前向きに進んでいる人」のことを、”意識高い系”といって嘲笑する文化がある。

・「君はどうしてそんなに単純なんだい?」そう言った永沢君の顔には、明らかな嘲笑の色が浮かんでいた。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク