池沼の意味とは

池沼の読み方

ちしょう

池沼の意味

池沼とは、「知的障がい者」のこと。

また、「話が通じないなど、コミュニケーションがうまくとれない人」を指すネット用語です。

2ちゃんねるから生まれた言葉で、現在ではツイッターなどでも一部の人が使っています。

本当の知的障がい者のことを指す場合と、2ちゃんねるやSNSで、常識から外れたような書き込みが目立つ人・話がかみ合わない人などの”頭がおかしい”と思う人を指す場合があります。

昔から知的障がい者のことは〈知障(ちしょう)〉と略していたのですが、パソコンだとその変換が一発で出てこなくて面倒なことから、同じ響きで簡単に変換できる〈池沼〉という字があてられました。

嫌悪感や軽蔑の気持ちを強く感じさせる差別用語であるため、使用しないのが妥当でしょう。

類語『ガイジ』『アスペ』

池沼と同じような使い方をする言葉で『ガイジ』『アスペ』があります。

『ガイジ』は、《障害児》を略した言い方です。

知的障がい者だけでなく、身体・精神障がい者のことも指します。

ネット用語での意味は池沼よりも〈DQN〉に近く、若者は軽い意味合いとして友達に日常会話でも使っています。

『アスペ』は、《アスペルガー症候群》を略したもので、発達障がい者のことを指します。

ネット用語としては、池沼とほとんど同じ意味で使われます。

一部の人にしか伝わらないように略したり、どんなに仲がいい間柄で使うとしても、これらの言葉が差別用語であることに変わりはないので、軽い気持ちで使ったり、多用するのは控えるべき言葉ですね。

使い方(用例)

池沼同士の戦い

・レビュー欄に池沼いる、ちゃんとレビューしろw

・2ちゃんで池沼野郎にさらされた。

・いつも駅にいる池沼くん今日は駅員さんの真似してる。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク