アテンドの意味とは

アテンドの意味

アテンドとは、〈世話/案内/接待〉をすること(する人)です。

旅行者と一緒に現地を回って案内することをアテンドといいます。

また、ホテルマンがお客様のスーツケースを持って部屋まで案内することをアテンド業務といいます。

他にも専門用語で、

  • 結婚式や披露宴で、花嫁の衣装の乱れを直したりすること
  • ゴルフで、ピンまでまだ距離がある時にピンを見える位置まで持ちあげてもらうこと

をアテンドといいます。

総じて、誰かの〈手伝いをすること〉がアテンドの大きな意味といえます。

アテンドの語源・由来

英語[attend(アテンド)]に由来するカタカナ語です。

アテンドを使うときの注意点

カタカナ語は、その由来である言語と区別して使うことが大切です。

今回も由来である[attend]との違いが、「アテンド」を使う上での注意点となります。

「アテンド」と[attend]の違い

以下の2点が大きな違いとなります。

「案内人」と言いたい時は……

アテンドの中でもよく使用される「案内」という意味を使って比べてみましょう。

英語でコミュニケーションをとる際、[attend]を日本語「アテンド」の意味のまま、「案内・案内人」として使ってしまう人も多いようです。しかし、これは誤りです。

attendは「案内をする」という意味の動詞です。

これに対し、アテンドは「案内をする【こと】」「案内をする【人】」という意味。

英語で「案内人」と言いたいときは、派生語の[attendant]などを使います。

私たちも、飛行機の客室乗務員(スチュワーデス)のことを「フライトアテンダント」といいますね!

反対にアテンドには「案内する」という動詞の意味はないので、「案内する」と表現したい時には「アテンドする」という言い方をしなくてはなりません。

アテンドに「出席」という意味はない

attendは〈出席する・参列する・通う〉という意味を持っています。

むしろこちらが第一の意味として辞書に挙げられています。

一方、アテンドにはそのような意味はありません。

あくまで、〈手伝いをすること(人)〉が日本語のアテンドの意味です。

使い方(用例)

ホテルのアテンド
・海外に住むチャット友達が、旅行で来日することになった。僕はアテンドの為、当日は空港まで迎えに行く。
・もう何度も今日のスケジュールをチェックしている。23時に到着予定のVIPを滞りなくアテンドすることが、新米ホテルマンである僕の史上最大の使命だ。

・ゆるキャラのアテンドは、そのゆるキャラが”喋ることが出来ない設定”の場合は通訳を兼ねる。今では人間の言葉を話せるキャラが主流なので、その分アテンドの負担は軽くなった。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク