ありよりのありの意味とは

ありよりのありの意味

ありよりのありとは、肯定を表す若者言葉です。

「今夜飲みに行くのどう?」「あ~、アリだねー」というような会話を誰でも一度はしたことがあると思います。

この場合の「アリだね」は、「いいね」「賛成」という肯定の意味の言葉です。

ありよりのありの「より」は、一方に傾くという意味の「寄る(寄り)」です。

このことから、ありの中でもありに傾いているということで、「大あり=大賛成」という意味になります。

また「完全にありではないけど、ありでもいいかな……」という7,8割くらいの賛成の気持ちを表す言葉として使われる場合もあり、文脈を読むことが大切ですね。

派生語

派生語として、

  • なしよりのあり……”なくはない”や”なきにしもあらず”と同じ意味
  • ありよりのなし……あると見せかけてない(「イケメンだけど性格が悪い人はありよりのなし」など)
  • なしよりのなし……完全になし

があります。

若者はこれで会話が本当に通じているのかと思ってしまいますが、このはっきりしない言い回しは日本人独特の空気感もありますね。

使い方(用例)

ありよりのありという女子高生

・「数学の先生イケメンじゃない?」「わかる!あれはありよりのありだわ。」

・今回登場した新キャラありよりのありだな……。

・「唐揚げに勝手にレモンかける奴なしよりのなしじゃね?」「えっなしよりのありでしょ」

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク