アルバイトの意味とは

アルバイトの意味

アルバイトとは、

  1. 本業や学業のかたわらで行う副業のこと
  2. 非正規雇用の労働者やその仕事のこと

です。

「バイト」と略して使うことが多いです。

今は副業という意味よりも、「非正規雇用」という意味で使われる場合がほとんどですね。

非正規雇用とは、派遣や契約社員、パートやアルバイトなど、雇用期間を決めて契約し、「正規雇用(正社員)」よりも短い時間の中で働くことを指します。

また、アルバイトを本業としている人のことは「フリーランス・アルバイター」を略して「フリーター」と呼びます。

語源・由来

「仕事」や「労働」を意味するドイツ語の「アルバイト(Arbeit)」という単語から来ています。

明治時代、旧制高等学校の生徒たちが学業とは別に、お金を稼ぐためにしていた家庭教師などの副業の隠語として「アルバイト」と言い出したのが始まりだと言われています。

なお、ドイツ語としてのアルバイトは仕事のほかに「業績」や「研究」という意味も含んでいるため、カタカナ語として日本で使われているものとはまた別物としてとらえたほうがいいでしょう。

パートとアルバイトの違いは?

「昼間だけ働く人のこと」や「働く時間が短い人のこと」をパートと呼ぶと言ったりしますが、実は企業が勝手に呼び分けているだけで、明確な違いはないとされています。

ですが世間的には、パートは〈子育てにひと段落した主婦などがする仕事〉で、勤務時間は短いものの正社員と同じような仕事をし、長期で働くこと。

アルバイトは〈若者や学生が臨時で働くこと〉で、責任のない仕事が多く短期しか働かないことを指すと思われているようです。

実際そのような違いはないそうですが、企業によっては仕事内容をちょっと変えていたりするかもしれませんので確認するのがいいでしょう。

使い方(用例)

飲食店でアルバイトをする女性

アルバイトがあるから今日は15時までしか遊べないよ。

・最近、家庭教師のアルバイトを始めてみたんだ。

・夏休みはアルバイト三昧であまり遊べなかったなあ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク