アパレルの意味とは

アパレルの意味

アパレルとは「既製服」「衣料品企業」のことです。

衣類だけでなく、靴やアクセサリーを含んだ服飾全般のことです。

着物など和服に対してはアパレルということはなく、主に洋服のことを指します。

衣服などだけでなく、メーカーや販売店など「衣料品店(アパレルショップ)」や「衣料品企業(アパレルメーカー)」を表す場合もあります。

アパレルという言葉は1972年ごろに使われだし、その後1977年に通産省が報告書にこの言葉を用いたことで一般的になりました。

なお、似ている言葉に「ファッション」がありますが、意味に大きな違いはありません。

ただし「ファッションセンス」を「アパレルセンス」とは言わないように、使い分けられることはあるようです。

アパレル店員ってどんなお仕事?

洋服が好きな人なら一度はあこがれる仕事なのではないでしょうか。

好きなブランドの好きな服を着て、好きなものを売るなんて素敵ですよね。

しかし、キラキラしていて楽しそうなイメージのアパレルの仕事は、実はけっこう厳しい世界でもあるんです。

仕事内容は?

アパレル店員たちは、ただお客さんと話して洋服を売るだけではありません。

在庫の管理や売り上げノルマの達成率など頭を使う仕事に加え、商品のタグ付けのような細かい作業、納品など結構重いものを持ったりすることも仕事のうちです。

また、接客のプロであることが求められ、ショップに買い物に来る人たちの「お手本」でなくてはいけないため、疲れていてもずっときれいな姿勢と笑顔でいなくてはいけません。

立ち仕事で身体的にも負担が大きく、人を相手にするため精神的なストレスも多いようです。

どんな人に向いてるの?

そのブランドが好きな人や、ファッションそのものに興味がある人にとっては向いていると言えるでしょう。

また、初対面の人とも仲良く話せる人や、ストレスが多い仕事な分気持ちの切り替えが早い人にも向いていると言われます。

表向きは素敵でも裏方の仕事は結構大変ですから、思っていた仕事と違うことを任されてもやる気を出せることが大切になりますね。

使い方(用例)

アパレル店員はおしゃれが基本!

・多数のアパレルショップが一斉リニューアルオープンした。

・カリスマアパレル店員になりたくて頑張っている。

・大手アパレル企業が新しくコスメラインを販売するそうだ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク