煽るの意味とは

煽るの読み方

あおる

煽るの意味

煽るとは、

  1. 風によって物を動かしたり、火の勢いを強めたりすること
  2. 相手の神経を逆なでするようなことを言って挑発すること

です。

台風のニュースの時など「看板が風にあおられて大きく揺れている」などと言っているのを聞いたことがあると思います。

また、火の勢いを強めるためにうちわなどで風を起こすことも「煽る」と言います。

「扇ぐ(あおぐ)」と同じような意味で、「風を送る」という意味で使われる言葉です。

ネット用語としての「煽る」

「風の勢いによって、火を強める」といったように、煽るには《勢いを強めて、その結果別の影響を与える》というような意味があります。

それが転じて、「わざと相手を刺激するようなことを言って、相手を怒らせたりする」という意味で使われるようになりました。

ネット上でよく使われる言葉で、特に2ちゃんねるなどの匿名で書き込める掲示板では日常的に起こることです。

誹謗中傷などを書き込む荒らし行為や、揚げ足を取る発言で相手を怒らせたりする行為のことを指します。

どうして「煽る」行為が行われるの?

煽る人たちはストレス発散が目的だったり、ただ相手が怒っているのを見て楽しんでいるだけというような場合が多く、大した理由はないことが多いです。

現実で面と向かって言ったら絶対に喧嘩になるような過激な発言も、ネット掲示板なら「匿名だから大丈夫」という安心感によって気が大きくなり言えてしまうようですね。

正論で返しても無駄ですし、逆ギレしても相手の思うツボで泥沼化して決着などつきません。

もしも自分が煽られた際には、無視をするのがいいでしょう。

使い方(用例)

掲示板で煽る人

・テレビ局は視聴率を稼ぐためにわざと危機感を煽るような番組を作っている。

・このあいだ2ちゃんねるで何気なくした発言をすごく煽られて嫌だったんだよね。

・選挙の時の街頭演説はただの煽り合戦と化してる気がするなあ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク