アンチの意味とは

アンチの意味

アンチとは、「反対する人」「反対の」という意味です。

もともと「アンチテーゼ」という言葉を略したものです。

アンチテーゼとは、「ある命題を否定する命題のこと」で、一般的には「反対意見を主張すること」という意味で使われています。

たとえば、漫画などでいわゆる一般的なヒーロー像とは反対のイメージの主人公のことを「アンチヒーロー」と言ったり、老化に抗うための美容法を「アンチエイジング」と言いますね。

また野球ファンの間では、「アンチ〇〇(球団名)」と言うように「反〇〇球団」や「〇〇球団ファンに対立する人」という意味で使われます。

ネット用語としてのアンチ

もともと2ちゃんねるを中心に使われていた言葉で、ファンの対義語のような意味で使われることが多いですね。

「自分の嫌いなコンテンツを激しく誹謗中傷する人やその行為自体のこと」をアンチと言い、もともとの意味から少し外れて過激なニュアンスを含んでいます。

自分の嫌いなものやファンのことを嫌っていて、掲示板やSNSなどで暴言を書き込むなどの迷惑行為を行う人たちのことです。

作品やファンを叩くだけでなく、作品の制作会社や制作者を叩いたり、根拠のない理由や思い込みを押し付けたり、ただ面白半分でやっている人もいたり、アンチの種類はさまざまです。

好みは人それぞれですから、嫌いなものには自分から触れず意見しすぎないようにしましょうね。

使い方(用例)

アンチのポーズ

・あのエステはアンチエイジングを売りにしている。

・楽しく話していたのに私がアンチ巨人だと伝えてからなんだか空気が悪い。

・いいからアンチは黙ってろよ。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク