アカウントの意味とは

アカウントの意味

アカウントとは、「インターネット上の様々なサービスを利用するための権利」のことです。

インターネットやSNSが普及した今、誰でも一つは持っているだろうと思います。

一般的にアカウントはIDとパスワードの2つのセットで、ログインするときに必要になるものです。

パスワードはいわゆる暗証番号のことで、IDと利用者が一致していることを証明するための鍵の役割を果たします。

ちなみに、ツイッターなどのSNS上ではアカウントを略して「垢」と書くこともあります。

ユーザーとアカウントの違いは?

アカウントと混同して考えられることが多い「ユーザー」は「利用者」のことで、〈アカウントを持っていないただの閲覧者〉も含まれます。

たとえば、ブログを書く人はアカウントを持ったユーザーと言えますが、ブログを読むだけの人はアカウントを持っていない(=書く権利を持っていない)ユーザーだということもあり得るのです。

ユーザーはインターネットを使用している人は全員のことで、アカウントはあくまでも利用する権利のことを指します。

ツイッターでは複数垢を使って楽しむ!

twitterは日本でもかなり利用率の高いSNSの一つですよね。

最近は愚痴などを書くための「裏垢」や、仲のいい友達だけとつながる「リア垢」というように、複数のアカウントを使い分ける人が増えています。

特に若者に多い使い方で、ほとんどの高校生が「別垢」を持っているそうですよ。

他のSNSでは、アカウントは1人1つというルールがあるのがほとんどなので、複数のアカウントを持てることはツイッターの特色と言えるでしょう。

セキュリティは大丈夫ですか?

今や私たちの生活に欠かせなくなったインターネット。

特にクリック一つで買い物ができるネットショッピングは非常に便利ですよね。

ショッピングサイトの利用にはアカウントの取得が必要不可欠ですが、登録の時に住所やクレジットカードの情報を入力することを不安に思ったことはありませんか?

大切な情報をインターネット上に載せているにもかかわらず、セキュリティに対する意識が低い人が多いと言わざるを得ない現状です。

現在は、人のアカウントを不正に利用することは法律で禁止されていますが、それでも100%ないとは言い切れません。

簡単なパスワードや使いまわしはアカウントを取られる可能性も高いので、日ごろからこまめに変えたり、簡単に推測されないようなパスワードにするなど対策をしておきましょう。

取られてからでは遅いですよ。

使い方(用例)

アカウント持ってますか?

・ツイッターアカウントを新しく取得した。

・ネットショッピングを利用するにはアカウント作成が必要です。

・裏つくったので知りたい人はメッセージください。

スポンサーリンク

◇シェアする

◇フォローする

スポンサーリンク